女性不感症の原因

不感症とは、性的な刺激に対して興奮を覚えることができない、性欲があるにも関わらず、性交しても快感を得ることができない事を指します。普通なら触られると気持ちいいと感じるはずなのですが、触られてもなにも感じられず、ただ触られているなとしか思わない状態のことです。不感症の原因としては、大まかに「精神的な問題」「神経生理学的」に分かれます。また、精神・神経どちらもが密接に関係して不感症を発症することもあります。

具体的な原因は過去の性的なトラウマ(強姦・近親相姦など)、パートナーの裏切りのトラウマ、性的なことが汚いという教育を受けて育った場合など考えられます。またパートナーと腕を組むことや、接触することは平気なのに密室でのセックスへ至る雰囲気を嫌います。

あるいは女性ホルモンの減少、性に対しての知識が足らないことによっての不感症、性的興奮に至るテクニックを本人がまだ知らないという事もあります。この事から不安や、緊張を生んでしまいます。一方、性体験がそれなりにあっても、精神的なストレスなどの要因により性興奮障害の状態に陥りやすいですね。しかし、発生する痛みにより興奮がなくなるとうことも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です