縁の初女空

縁は前世の感情の続き、縁は今の世界の擦の中で、縁は今の世界の擦.

縁は前世不変の誓い、縁は今生の苦痛な約束だ.

P縁はチャンスの把握、縁は愛慕の流れとする.

縁は出会い時のすばらしい夢、縁は別れてほろ苦い思い出.

は人と人が出会って、あるいは相愛、必然、偶然で、も偶然だ.ちょうど張愛玲が彼女の文字で書いたように、は数千人の中で、あなたの出会った人に出会って、千百年の中、時間の果てない荒野の中で、二人は、早くもなく遅くまま出会いもノーコメント、そっと声だけ本場:あ、君もここにいるよ!

Pは広大な海の中、冥冥の中にいつも一人、未知の地方などにあなたが来るのを待っています.あなたがこの世に来て、ただ彼を出会って、彼と手を繋いで、1世の情縁、これは縁です.

P縁は抽象的概念で、それは触らないで、見えない、当てない、当てられない.

たくさんの機縁とは言えないが.あなたは、何かに、理由は、彼(彼女)、はっきりと私は彼(彼女)、はっきりと言うことはできません彼(彼女)、言うことができません.

pっていうのは不注意で、冥冥中、確かに一つの力が存在していると感じている.

私は心から縁がない、体が深く、縁の中で抜け出せない.

に縁のある日は、無用のことを強要している.縁起、缘灭、缘聚、縁のままに理由はない、原因のがない.運命の変化は私たちにぃる.

人の世の縁、生活の中で出会い、また生活の中で流失する.一部の人はかつて君とつながっても、かつてもなってい助け合い;その後に伴って空間のバリアと時間の経過、縁は濃くて薄い淡で終わることはない.

pってたくさんの縁は人にはならない.すべての人は縁があるではありませんて、1つの探しの人すべて縁があることができます.

人の世の分け合て、生活の中で演じて多くの恩讐を怨み:縁がない、源水尾会いにくい;情縁が旅立って遠隔天涯;これはすべてとても苦痛な事.

pは人生は多くの不可知,初女、一個の考え、一度に決め、多くの人と縁を持つ可能性がある.

愛は、縁があるから,愛、選択しても、縁のために.命はそう、生活もまた.

そっと私は歩いて行った/私はそっと来た/一輝袖/彩雲彩雲/彩雲彩雲……世の中の事、すべての縁がすべて実現することができなくて、すべて美しい始めて、すべて美しい結末がある.この道理は、結局は、結末はない、だから、人生はそんなに多くの痛みと悲しみ、苦しみと傷がある.

縁は風雨で錆び,誓いは冷ややかで退却する.手のひらの愛、深く刻んだ